今後の給付金は


天秤B型肝炎ウイルスの給付金の要件を満たすと給付金の対象になりますが、国に申請をして給付金を受け取るというものではありません。まずは給付金の請求に必要となる書類を作成し、訴状を作成して裁判所に必要な書類とともに提出します。つまり、給付金を受け取るためには国を相手に国家賠償請求訴訟を起こす必要があり、国と和解が成立すると症状や病状に応じた給付金が決定されます。この時に裁判所では和解の内容を記載した和解調書が作成されます。和解調書などの給付金の請求に関する書類を社会保険診療報酬基金に提出すると給付金を受け取ることができます。

特別措置法施行後は、これまでの要件を満たしている人だけではなく昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に満7歳になるまでに予防接種を受けた人も申立をすることができるようになり、救済要件に合致すれば給付金を受け取ることができます

給付金に関する国家賠償請求訴訟に関しては専門的な知識が必要になり、国との裁判と聞くと要件を満たしていても行動に移すことができないという人もいるでしょう。そんな時はB型肝炎の訴訟に精通した弁護士に相談することで訴訟もスムーズに行うことができます。

特別措置法について


注射B型肝炎ウイルスに感染した際に国から給付金を受け取ることができる人は一次感染、二次感染、三次感染ともに一定の要件を満たしている必要があります。一次感染の場合は、昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれている人で、B型肝炎ウイルスに持続感染していること、満7歳の誕生日の前日までの間に集団予防接種またはツベルクリン反応検査を受けており、集団予防接種など以外の感染源がないことが要件となっています

B型肝炎ウイルスの給付金に関して出て来るのが集団予防接種です。昭和23年から昭和63年までの間に受けた集団予防接種では注射針や注射筒が連続で使用されたことが原因でB型肝炎ウイルスに持続感染した人が存在し、国に対して損害賠償を求め集団訴訟を起こしたことを背景に、平成24年1月31日から施行された特定B型肝炎ウイルス感染者給付金などの支給に関する特別措置法では、7歳になるまでに昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に集団予防接種を受けた人でB型肝炎ウイルスに感染した人、またその人から母子感染した人に対して、病状に応じて給付金を支給するとなっています。

また平成27年3月には20年の排斥期間が経過した死亡や肝がん、重度の肝硬変、軽度の肝硬変の人にも給付金の支給を規定し、特別措置法の一部を改正する法律が平成28年8月1日に施行されています。

《参照サイト》特別措置法施行規則-アディーレ

B型肝炎の給付金


肝臓肝臓の細胞に炎症が起こり、最悪の場合には幹細胞が破壊される劇症肝炎を引き起こす原因となるB型肝炎ウイルスは、B型肝炎ウイルスに感染している人の血液や体液を介して感染します。日本国内では肝炎の中でも最も多いと言われているのがB型肝炎であり、近年は母子感染ではなく性交渉などによる感染が目立っています。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれることから、肝炎などの自覚症状も少なく、気づいた時には肝硬変や肝がんが悪化していたということも珍しくありません。とは言っても医療機関で適切な治療を受けることで治すことができるのがB型肝炎であり、早めの検査や治療が大切です。

B型肝炎ウイルスに感染しているかどうかは血液検査で検査することができます。採血後1週間から数週間で結果を知ることができ、感染したと思われる時期から3ヶ月以上経過していればより正確な検査結果を得ることができます。病院でも血液検査を受けることができますが、住んでいる市町村の住民基本検診や住んでいる都道府県の保健所でも検査を行っており、気になる場合はすぐに検査を受けるようにしましょう。

B型肝炎ウイルスに感染した場合、要件を満たすことで国から給付金を受け取ることができます。そして平成24年1月13日からこれまでの要件に加えて、全体的な解決を図るために特定B型肝炎ウイルス感染者給付金などの支給に関する特別措置法が施行されました。ここでは、特別措置法によって今後の給付金はどのように変わるのか説明させていただきます。